FC2ブログ

御代田町 浅間縄文ミュージアム 縄文料理 ワークショップ

2011-09-11 御代田町 浅間縄文ミュージアム 縄文料理 ワークショップ 3時間 晴れ
御代田町の浅間縄文ミュージアムに行き、縄文料理のワークショップに参加しました。講師は佐久市春日の「職人館」の北沢正和さん。山に入ってキノコや山菜などの食材を調達し、無農薬・有機栽培の地場野菜を用いる農家レストランオーナーシェフです。

地の利を生かした食材は、単純な味付けの調理がふさわしく、おいしい。縄文人は豊かな食生活をしていた。ということで、本日は、フライパンにカシワやトチやカキの葉を敷きこみ、サツマイモ、ジャガイモ、人参、トチ餅、ピーマン、ナス、トマト、みょうが、サクラシメジ、リンゴの野菜等と、豚肉、鱒のタンパク質の蒸し焼きを料理しました(30分)。スパイスは山椒の実とバジル。味付けは各自で塩と醤油。ナイフは黒曜石を割ったもの。

縄文人はニワトコの酒を醸していたらしいけれど、これは、なし。

木の葉の香りがついて、おいしい~

本日の縄文料理
<4463>


写真は、クリックすると大きく見られます。


サクラシメジ(きのこ)は・・・

追記に誘導
ヤマザクラの花びらの散ったところに生え、微かに桜の色を保っているのでは、そうだといいな。同様に藤の花にはムラサキシメジが生え、微かに藤の色を保っているのでは、そうだといいな。→講師談

浅間縄文ミュージアムの場所は→こちら



黒曜石のナイフで肉はよく切れる。ジャガイモは難しいので包丁で。他のものはカワを傷つけてぽきりと折って。
単純な料理は材料が良いと得難いごちそうとなる。
あまった、カシワ、トチ、カキの葉をいただいて帰りました。幸せ。

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

tag : 浅間縄文ミュージアム 縄文料理 ワークショップ 2011

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
プロフィール

uritoboo

Author:uritoboo
こんにちは!
夏は軽井沢、他の季節は国分寺市に住んでいます。
歩くのが大好き。
雨が降れば、本を読み、パンを焼き、ピアノを弾きます。

FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
駅 (7)
孫 (3)
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR