FC2ブログ

鈴木遺跡を巡る

2020-08-15 小平市 鈴木遺跡を巡る 1時間40分 晴れ
土曜日、小平市の鈴木遺跡の地域を回り、鈴木遺跡資料館を見学しました。喜平図書館の駐輪場に自転車を置いて。

喜平図書館→回田水門緑道→鈴木稲荷神社→宝寿院→鈴木地域センター公園→八小遺跡→特別緑地保全地域→鈴木遺跡保存区→鈴木遺跡→鈴木小南公園→鈴木遺跡資料館→草花街道→喜平図書館

資料館の開館日(水・土・日・祝日)に合わせてこの辺りを散策しようという計画です。
回田水門緑道を通り

 →LargeImage

縄文時代以降人のいない原野だった武蔵野は玉川上水ができて新田開発されました。(新田といっても水田ではなく畑を意味する)集落ごとに神社と寺が作られました。

鈴木新田では
神社は鈴木稲荷神社

 →LargeImage

寺は宝寿院

 →LargeImage


写真は、クリックすると大きく見られます。
→LargeImageをクリックすると1500pixelで見られます


鈴木遺跡の範囲内にある第八小学校には・・・

追記に誘導

(動画あり)

八小遺跡竪穴支持住居跡

 →LargeImage

特別緑地保全地域こげらの森

 →LargeImage

遺物が崖面に露出していたという
鈴木遺跡保存区

 →LargeImage

鈴木小に隣接する
鈴木小学校保存区

 →LargeImage

鈴木遺跡資料館
おすすめは
「黒曜石が従来は3か所から来ていたとされていたが全国8か所からだと分かったこと」と係の人が丁寧に説明してくれたのだけど、忘れてしまった。
面白いのは奥の壁一面にある
地層の剥ぎ取り標本


武蔵野台地にある小平は、平坦で自然の川がほどんどなく、遺跡の少ないところです。

その小平にある鈴木遺跡は、日本の後期旧石器時代の代表的な遺跡として有名です。それはこの遺跡が今の石神井川の源流部に営まれたために規模が大きく、またたくさんの貴重な遺物が見つかっているからです。
→小平市のサイト

どうやらここは旧石器時代には人が沢山住んでいたらしい。場所を移しながら二万年以上栄えたとのこと。

ルートは→鈴木遺跡20200815



展示物は時により変わるらしい。解説パンフレットをもらったので、理解してからまた来よう。

歩行距離 7㎞
歩数  10600歩

テーマ : 関東地方
ジャンル : 地域情報

tag : 小平市 遺跡 公園

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
プロフィール

uritoboo

Author:uritoboo
こんにちは!
夏は軽井沢、他の季節は国分寺市に住んでいます。
歩くのが大好き。
雨が降れば、本を読み、パンを焼き、ピアノを弾きます。

FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
駅 (7)
孫 (3)
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR