FC2ブログ

佐久市 龍岡城五稜郭 散策

2012-07-02 佐久市 龍岡城五稜郭 散策 40分 晴れ
長野県佐久市臼田の龍岡城五稜郭を散策してきました。
函館五稜郭と同じ星型稜堡の洋式築城です。

この城は、大給松平氏最後の藩主、松平乗謨(まつだいら のりかた:明治維新後、大給 恒)が幕末に築きました。三河奥殿に4千石、この時、藩庁を、飛び地で田野口に1万二千石の領地がある信濃に移転したそうです。
 三河奥殿藩8代藩主→信州田野口藩藩主

家格は陣屋格。城を持てない1-2万石の大名。

五稜郭は未完成(竣工祝いはあったが、建物はいたぶきのまま)明治6年に取り壊された。(明治4年城郭取り壊しの布告)

お台所のみ現存、昭和4年に現在地に移され、昭和35,6年に半解体復元。
移築建造物としては、大広間が佐久市鳴瀬落合の時宗寺の本堂として、東通用口が佐久市野沢の成田山薬師寺の門として、それぞれ移築され現存している。

竜岡藩(維新後改名)は財政破綻のため、廃藩置県前、明治4年6月2日(1871年7月19日)に廃藩。

柴田錬三郎の時代小説、「御家人斬九郎」は、 主人公が大給松平家の傍流という設定だそうです。

大手門
<2664>

桜の季節には
<2716>


五稜郭公園
<2702>

写真は、クリックすると大きく見られます。


小学校の周りを・・・

追記に誘導

(動画あり)

ぐるりと回りました。そして、すぐそばの五稜郭公園で一休み。
大手門前の佐久市歴史の里五稜郭であいの館でゆっくり。


より大きな地図で 2012夏の住処 を表示




であい館には、ボランティア当番の女性が2人いて、ピーナツや浸し豆や大豆の煮たのや、カブや筍のお漬物、そしてお茶をごちそうになりました。すべて、自分の家産のものとのこと。
カラスがスイカなどの作物を食べ、鳩が豆をほじくり、イノシシが土を掘り、鹿が新芽を食べてしまう・・・ぼやいていました。

桜の季節(4月20日ころ)においで、とのことです。

平地で3400歩。

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

tag : 長野県佐久市 臼田 龍岡城 五稜郭

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
プロフィール

uritoboo

Author:uritoboo
こんにちは!
夏は軽井沢、他の季節は国分寺市に住んでいます。
歩くのが大好き。
雨が降れば、本を読み、パンを焼き、ピアノを弾きます。

FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
駅 (7)
孫 (3)
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR