fc2ブログ

大垣市 墨俣一夜城 

2023-04-14 大垣市 墨俣一夜城 20分 曇り
金曜日、大垣市墨俣(すのまた)町の墨俣一夜城大垣市墨俣歴史資料館)に行きました。

史実では天守閣のある城ではなく、砦であったとのこと。砦とは要塞(ようさい)、外敵等から戦略上重要な地点を守る為に築かれた構築物。


織田信長の美濃侵攻にあたっての足掛かりとなったとのこと。長良川西岸のこの地は戦略上の要地であったとのこと。

江戸時代は美濃路の墨俣宿でした。

美濃路は熱田宿から垂井宿まで、東海道と中山道を結ぶ脇街道。(東海道は七里の渡しを舟で渡ることになるが、徒歩や馬の場合はこの道で中山道へ向かうというバイパスの役割)


資料館の内部のビデオが公開されています
→墨俣一夜城
  大垣市>文化振興課のページ>文化施設>墨俣一夜城大垣市墨俣歴史資料館)

旧墨俣宿の半分は犀川作成時に消えていますが、犀川堤はサクラの名所墨俣犀川堤です。


館内あちこちに吊り飾り(つりびな)が飾られています。(墨俣地域では毎年3月、旧美濃路墨俣宿一帯で、ひなまつりに合わせた「つりびな小町めぐり」が開かれる)
観光のため、と職員が教えてくれました。


写真は、クリックすると大きく見られます。


墨俣一夜城→墨俣一夜城(大垣市墨俣歴史資料館)

いつか、ゆっくりと墨俣宿を歩いてみたいです。

テーマ : 中部地方
ジャンル : 地域情報

tag : 大垣市墨俣一夜城

カレンダー
03 | 2023/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
プロフィール

uritoboo

Author:uritoboo
こんにちは!
夏は軽井沢、他の季節は国分寺市に住んでいます。
歩くのが大好き。
雨が降れば、本を読み、パンを焼き、ピアノを弾きます。

FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
孫 (8)
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR