FC2ブログ

玉川上水緑道の白いヒガンバナ

2020-09-26 玉川上水緑道の白いヒガンバナ 雨
土曜日、一日降ったりやんだりで太陽が見えない日、業務スーパーに行きました。レインウェアを着て自転車で。

業務スーパー河内屋小平店は喜平橋の向こう、小平団地の近くにあります。父のビールを買います。帰りに通った玉川上水緑道はヒガンバナの花盛りです。

<9079>
 →LargeImage

ヒガンバナ(彼岸花、石蒜、学名 : Lycoris radiata[1])は、ヒガンバナ科[注釈 1]ヒガンバナ属の多年草である。別名は曼珠沙華(マンジュシャゲ)、学名からリコリス・ラジアータとも呼ばれる。中国原産で、日本全国の道端や田んぼのあぜなどに群生し、秋の彼岸のころに、花茎の先に強く反り返った鮮やかな赤い花だけが咲き、秋の終わりに葉が伸びて夏に枯れるという、多年草としては珍しい性質を持っている。地下の鱗茎(球根)に強い毒性がある有毒植物であるが、かつて救荒作物として鱗茎のデンプンを毒抜きして食べられていた。
→ウィキペディア

日本のヒガンバナは3倍体で不稔性、種子を作らないと記憶しています。現在咲いているところは人の手で広げられたのだとも。

上水に近くて近づけないところに白い花が見えました。よく見るとヒガンバナに似ています。

中国には種子繁殖が可能で遺伝的に多様なコヒガンバナが自生し、それらが三倍体化することでいくつかのタイプのヒガンバナが存在する。


とのことなので、

シロバナマンジュシャゲ
<9081>
 →LargeImage

写真は、クリックすると大きく見られます。
→LargeImageをクリックすると1500pixelで見られます


場所は→国分寺市にて ヒガンバナ


有毒ではあるが、鱗茎は石蒜(せきせん)という名の生薬、また、毒成分の一つであるガランタミンはアルツハイマー病の治療薬とのこと。

有用な植物であることを知りました。

テーマ : 関東地方
ジャンル : 地域情報

tag : 小平市 公園 ヒガンバナ

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
プロフィール

uritoboo

Author:uritoboo
こんにちは!
夏は軽井沢、他の季節は国分寺市に住んでいます。
歩くのが大好き。
雨が降れば、本を読み、パンを焼き、ピアノを弾きます。

FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
駅 (7)
孫 (3)
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR